わがたのむ県の宮のます鏡

くもらぬ影をあふぎてぞまつ

新続古今和歌集

中原師光朝臣

平等院のすぐ南西に位置するあがた神社。御祭神である木花開耶姫命このはなさくやひめのみことは、良縁、安産の守護神として敬われている。毎年6月5日から6日未明にかけ行われるあがた祭りは、昼ごろから通りにびっしり露店が並び、10万人を超える人出で賑わう宇治最大の祭。特に5日深夜の「梵天渡御ぼんてんとぎょ」は、周りの商店や家の燈火が一切禁ぜられ、暗闇の中で執り行われる為、別名「暗夜の奇祭」としても有名である。

おしらせ

ご案内