event_shosai_top_image

6月

あがた祭り

6月5日

agata_matsuri_image

暗夜の奇祭として全国的に有名なあがた祭りは、5日の大祭式「朝御饌ノ儀(あさみけのぎ)」から始まります。この頃には700ほどの露店が店開きを始め、10時頃まで通りに賑わいを見せます。
夕方5時「夕御饌ノ儀(ゆうみけのぎ)」が斎行された後、本殿、神楽殿などの模様替えをし、11時に梵天が地元の梵天講の若者達に担がれ動き出します。深夜には本殿において燈火を消し真っ暗闇の中で神移しの秘儀を執行し、雌獅子、雄獅子、梵天の順で出御となります。境内を練り歩き鳥居をくぐって表に出た梵天は、旧大幣殿前でぶん回しや差し上げなど勇壮に走り回ります。御旅所幣殿に梵天が入ると、中で着御の儀があり、梵天の一部御幣を受けます。
そして6日午前1時頃還幸祭を斎行し、祭りは終了します。

agata_matsuri_image
agata_matsuri_image
agata_matsuri_image
agata_matsuri_image
agata_matsuri_image
agata_matsuri_image
agata_matsuri_image
agata_matsuri_image