由 緒

神社略由緒

わがたのむ縣の宮のます鏡 くもらぬ影をあふぎてぞまつ  中原師光朝臣

当社は天孫天津彦彦(あまつひこひこ)火瓊々杵尊(ほのににぎのみこと)の妃、木花開耶命(         このはなさくやひめのみこと)を奉祀し「あがた」の名の通り神代以来当地の 守護神であった。御冷泉天皇永承七年(西暦1052年)、時の関白藤原頼道の平等院 建立にあたり同院総鎮守となり藤原氏の繁栄を祈誓した。明治維新までは大津市の三井寺円満院管理下にあったが、維新の後、神仏分離令によりその管理を離れ今日に至。