御 祭 神

 木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、木花咲耶姫命、又の御名は神吾田(かみあがた)

 鹿蘆津(あしつ)(ひめの)(みこと)は、大山祇(おおやまつみの)(みこと)の第二女、天孫、(あま)()彦彦(ひこひこ)(ほの)瓊々(ににぎ)()(みこと)の御妃である。始め天孫日向に降臨され、笠狭(かささ)(みさき)に到り、海浜に遊幸されたとき、1人の美女をご覧になった。それが木花開耶姫命であり直ちに召して妃とされた。姫命は唯一夜にして孕み給うたので、天孫「如何に我は天神(あまつかみ)の子であるとはいえ…」と疑われた。よって姫命は戸の無い産室を作り、誓って曰く「吾が生める、若し天神の御子にあらずば必ず灯け()せなむ、是れ若し天神の(みこ)ならば、(そこな)わるる事無けん」としてその室に火を放たれた所、産み給う御子達は全て(そこな)われる事無く、名乗りをあげて生れ、その数は三(はしら)であった。天孫は大いに喜ばれ姫命の霊威あるを、御子達の超倫の気あるを示すものと祝賀された。
 かくて姫命は「貞操の女神」としてその崇高美を尊び御名によって清く美しく、家運隆盛と商売繁盛を祈誓してその守護を乞い、結婚、安産の守護神として敬われている。



 
宇治には神おわす 中をば菩薩御前 橘小島のあたぬし 七宝蓮華はをしつるぎ
梁塵秘抄(りょうじんひしょう) 巻第二四句神歌百七十首 二七一番)