もどる

県の森(あがたのもり)
あたりを県の森と呼ばれていた神社の境内には、その名の通り巨木がうっそうと


繁っていました。いまでも樹齢500年以上といわれる「椋(むく)」の大木が元

   気に注連縄(しめなわ)をまとって聳えています。高さ26m、幹周4.4mあり、宇治市名木

  百選に
選ばれたその姿は往時を偲ばせます。